スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お疲れ様でした^^

2012.09.10 15:12| 未分類

最終公演で吹っ飛んだ副チーフです。言い訳します

出番ないと思ってて何も考えてないまま呼ばれて話し始めて、1年・2年を思い出していって、
今年こんなにうまくいったことに泣きそうになって、
でも文化祭準備の毎日がすごく楽しかったから最後も笑いたくて、
笑おうとしたら爆発しました。申し訳ないです。

3年間の自分を振り返ってみます

1年
内装チーフになった。最初からなるつもりだったんだけど
自分に全体をまとめる力が全くないことに気づいてなかった。
人に任せることもできずに広報と大衝突して、外装が壊れた時も1人で勝手に作り直して
自分は頑張ったんじゃなくて、このクラスの課題「無関心」を作る原因になったと思う。
多分「勝手に1人でやってろ」とか思わせるような内装チーフでした

2年
「トップは無理だから2番手になればいいじゃない」とか思って副展チやってみた。
この役職って具体的にやることが決まってなくて、難しい
1年のやり方の反省とかしてなくて内装に深入りしてチーフと衝突、
困って外装の作業。展チ他多くの人に迷惑を撒き散らす存在化
「来年はなんとかしたい」で終わってしまった、クラスはどうであれ個人的には失敗

3年
もう後がない。失敗している時間がない。でもうまくいく自信もない…
2年の文化祭が終わった時から、静かに今年の文化祭準備を開始。

谷澤、遠藤にそれぞれ声をかけて、頼み込んで、展チ・監督をやってもらう。
自分は副チーフに立候補したけど…拍手がない。抗議の視線はある。出落ち。
当たり前の反応です。ここからがんばる。今年はもう1人で暴走しない。

展チ、監督との作戦会議で、クラス全体で本音でぶつかる時間をとれるように、
最速で劇決定へ。劇選のメンバーには無茶な日程を押し付けたけど、こなしてくれました/

紆余曲折、色々あった問題の中でも特に印象的なやつ、「広報との問題」
BLACKPEARLという劇に具体的なイメージを持たせることはとても難しくて、
うまくいかなくなっていた広報との問題。広報が悪かった訳ではないよー
1年の時からの流れで意見が通らなくなっていた自分の代わりにがんばってくれた遠藤、
自分の意見も聞いてもらう為に相談に乗ってくれて、後でフォローしてくれていた田島、
どうしようもなくなって広報チーフをやめようとして、それでもがんばって続けた大塚、
結局決めた「広報1人1人全員と話す」方針に協力して時間をとってくれた広報の方々、
他にも多くの人の協力で、完全にとは言わないけど、なんとかクラス全員で乗り越えた。

内外装の設計段階では、3200が誇る最強の外装チーフの齊藤と神山に外装の全てを任せて、
自分は内装チーフ松岡と内装の設計。これまでほとんど関わりがなかった松岡の実力に感動
何度もやり直し、時には全部作り直し、よく考えてない超展開にもついてきてくれた松岡のおかげで
内装の設計が完成。客席や遮光のことを忘れていて後で困ったけど。

夏休み直前、ロゴのことを題材にして9ヶ月計画の「クラス全体で話す」が実現
みんながこの話し合いをどう思ったのかは分からないけど、
自分のやりたかったことが少しはできたと思う。

夏休み開始&作業が本格的に始動。色々忙しすぎて短すぎて終わった実感がまだない
とにかく全ての人が必死だから、何度も衝突が起こった。
特に遠藤と松岡・田島がぶつかった時は、自分は間に入ってるのに何もできなくて、
もっとうまく立ち回れたらって後悔して、自分の無力さを思い知ったけど

楽しいこともたくさんあって、完成していくのが嬉しくて、
意識の違いはあっても全員が何らかの形で劇に関わることができて、
衝突だってなんとかなって、去年からは考えられないくらい、大成功だと思ってます

この文化祭、41人で進んできた1年間、楽しかったですか?

自分の話しかしてないし書きすぎてまとまらなくなるいつもの誰得パターン。
後でもう1つ記事書きます。

スポンサーサイト

コメント:0
<<3200に、感謝。 | ホーム | 今までありがとうございました>>







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。